ウーマン

アパート投資で運命に逆らおう|暴虐の一撃

不動産オーナーになる方法

電卓を持つ女性

みんなで大家さんは、少額の資金で不動産投資を行う資産運用のひとつです。営業者が選んだ対象不動産へ出資すると、賃貸利益が分配されます。出資者を増やすことで、全員が不動産オーナーになれるシステムになっています。

Read

経営の魅力とリスク

お金

マンション経営は安定した収入を得ることができると、近年注目されている経営方法です。低予算でスタートできるのが魅力的ですが、時にはリスクを考えていかなければなりません。ローン返済にも役立てるので、しっかりと方針を考えて進めていくといいでしょう。

Read

空き家を貸与するメリット

インテリア

最近多くの方に注目されているリロケーションとは、転勤等の留守宅を貸すこと です。利点はやはり、留守宅を活用することで受けることができる住居の家賃収入といえます。また、家の傷みを、ある程度貸すことによって防ぐことが出来ます。

Read

資産を保持する魅力

模型

長期的な収入を期待

取得時点で築何十年も経っている場合は別ですが、アパート投資で取得する大抵の物件は長期間保持し続けることになるのが普通です。そのため長い目で見た資産設計や管理が必要となります。家賃収入などの現金面に目がいきがちですが、物件はひとつの資産です。万が一のことがあったときに、家族が相続が可能です。しかし、住宅ローンが残った状態ではせっかくの長期的な収入源も相続しにくい場合があるでしょう。それに備えてアパート投資で物件を取得する際には団体信用生命保険に加入しておくことをおすすめしています。これによって相続したかたは引き続き長期間の間家賃収入を期待できますし、物件を売却した際にはその時点で現金を得ることが可能となります。

節税方法を確認する

物件を取得した際の金額や、支払っている住宅ローンの一部は経費として計上することが出来ます。すなわち総所得が少なくなり、結果として支払うべき所得税の金額が小さくなります。またアパート投資のように賃貸住宅を所有する場合は、駐車場や遊林地などの非住宅用地に比べて固定資産税が安くなるメリットもあります。アパート投資にはまとまったお金が必要となりますが、ある程度の金額は経費として計上することが可能です。一部の事務手続き費用などは計上できない場合もありますが節税につながると考えてよいでしょう。気をつけなければならないのは、節税に関して特殊な手続きが必要ないかです。また、固定資産は減価償却されますのでどのタイミングで計上すれば節税に繋がるのかは専門家の方に相談しておくほうがよいでしょう。